PHP while/for文の繰り返しについて…(P5)

毎日15分くらいでできる、簡単記事を想定して書いています!

今日は繰り返し、ループ文についてです。

while, for文は処理を繰り返すことができます。

配列を使うときや、同じ処理を行うときに使います。

下記のコードをtestWhile.phpで作成しましょう。

<?php
    $cnt = 0;

    while($cnt < 10){
        echo "hello!world!".$cnt."\n"; 
        $cnt++;  
    }   

実行してみます(コマンド:php testWhile.php) 実行結果:

hello!world!0
hello!world!1
hello!world!2
hello!world!3
hello!world!4
hello!world!5
hello!world!6
hello!world!7
hello!world!8
hello!world!9

hello,world 10連続出力ですw

10回ループ処理が行われたのを確認できるかと思います。

「$cnt < 10」の箇所で毎回ループするたびに比較して、

10以上になったら抜けるようになっています。

そのために$cnt変数をwhile分の一番下でインクリメントしています!

ループ処理で怖いのは無限ループになることです。ループを抜けるようにプログラムしないと一生ループしちゃいます。

失敗したときはコンソール画面でctrl+cで処理をキャンセルできます。

つぎはfor文を使います。

配列も混ぜてみますね。

下記のコードをtestFor.phpで作成しましょう。

<?php
    $testArray = array("プレモル","一番搾り","スーパードライ","のどごし生","金麦");

    for($cnt = 0; $cnt < 5; $cnt++){
        echo $testArray[$cnt]."\n"; 
    }   
    echo "プハーッ"."\n";

爽快な感じにしあがりましたww

実行してみます(コマンド:php testFor.php) 実行結果:

プレモル
一番搾り
スーパードライ
のどごし生
金麦
プハーッ

前回やった配列を使っています。要素は5つです。

for文の場合は、1行でループする回数を制御することができます。

「for(初期値; 比較処理; 次の値)」 のような感じで、それぞれセットしておけば、

ループするたびに値を1ずつカウントアップしてくれます。

今回のコードで言うと$cntを0で初期化して、5までの間、$cntをループ毎に1プラスするという

言い回しができますね。

while文 リファレンスへ for文 リファレンスへ

いろいろやって、挙動を確かめてみてくださいね。無限ループには気をつけて!

明日はforeach文でも。。

それでは、また。