読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PHP配列と文字列連結について...(p3)

今日は配列&文字列連結についてです。

1.配列

配列ですが、、変数はひとつのものしか入れれなかったのに対して、

配列は複数の値を格納することができます。

でっかーい箱が仕切られていて、0から順番に値をいれていくようなイメージです。

イメージ図とかわかりやすい↓ページ発見しました http://bashalog.c-brains.jp/08/04/14-192257.php

実際にコードを書いてみましょう。

下記をtestArray.phpで作成しましょう。

<?php
    $testArray = array("apple", 10 ,"grape", 20,"orange","heiheiho-");
    
    echo $testArray[0]."\n";
    echo $testArray[1]."\n";
    echo $testArray[2]."\n";
    echo $testArray[3]."\n";
    echo $testArray[4]."\n";
    echo $testArray[5]."\n";

PHPの配列は数字をいれたり、文字列をいれたり、交互に入れたり

配列に配列をいれたり、いろいろ自由にあつかえます。

上記では、arrayで配列を宣言し、$testArrayに代入しています。

$testArrayは宣言後、値が0番目から順に配置されます。このとき

参照不可能な場所、[6]などで6番目を参照するとエラーになっちゃいます。

実行結果: >php testArray.php

apple
10
grape
20
orange
heiheiho-

参照した添字0〜5番目までの値が順に取り出されているのが確認できます。

配列はループ処理を行うときや、値をまとめておくときに便利です。

次は連想配列をつかってみましょう!、連想配列は添字が文字列で扱えるようになります。

下記をtestArray2.phpで作成しましょう。

<?php                                                                           
    $testArray = array("anime" => "steins;gate", "food" => "ラーメン", 999 => "マックスだよ");

    echo $testArray["anime"]."\n";
    echo $testArray["food"]."\n";
    echo $testArray[999]."\n";

実行結果: >php testArray2.php

steins;gate
ラーメン
マックスだよ

$testArray配列を"anime"や"food",そして数値の999で指すこともできます。

上記のようにキーと値がセットになっているのが連想配列ですね。

2.文字列の連結

ピコーンピコンピコン(カラータイマー)

時間がないので、簡単に済ませます。

ねむいだけですが!!(ねよう)

下記をstringTest.phpで作成しましょう。

<?php                                                                           
    $hoge = "こんにちは";
    $test = "こんばんは";
    $fuga = "おはよー";

    echo $hoge."世界"."\n";
    echo $test."宇宙"."\n";
    echo $fuga."ございます"."\n";
    echo $hoge.",".$test.",".$fuga."\n";

実行結果: >php stringTest.php

こんにちは世界
こんばんは宇宙
おはよーございます
こんにちは,こんばんは,おはよー

「.」を使うことで、変数やダブルコーテーションで囲った文字をつなぐことができます。

JavaScriptなど、ほかの言語と混同して「+」で繋げてしまいそうになることがありますが気をつけましょう。

公式ページリンクしておきます PHP配列公式リファレンスへ 文字列演算子リファレンスへ

それでは、また。