読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PHPコメント&演算処理...(p2)

今日はコメントと四則演算を!

1.コメントについて コメントはソースコードの中にいれておく説明文になります。

ソースコードがわかりにくくならないように書きます。

書き過ぎはわかりにくいですが、なさすぎもわからなくなっちゃいます。

特に複雑な処理や、よくわからない計算式の前には入れといたほうがいいですね。

下記をtestComment.phpで保存して実行してみましょう

<?php
/* テスト
  複数行コメント
テスト */
echo "コメントは無視されます";
// 1行コメントです。
echo "上と下の行だけ出力されるねん。";

実行結果は下記のようになり、コメントは無視されるのがわかります。 関数や、難しい処理を行っている箇所の前にいれるようにしましょう。 実行結果:

>php testComment.php 
コメントは無視されます
上と下の行だけ出力されるねん。

2.演算について では、演算ですが

下記をtestCalc.phpで保存して実行してみましょう

<?php
    $test1 = 10 + 3; //足し算
    $test2 = 10 - 7; //引き算
    $test3 = 2 * 7; //掛け算
    $test4 = 8 / 2; //割り算
    
    echo "$test1\n";
    echo "$test2\n";
    echo "$test3\n";
    echo "$test4\n";

変数に足したり引いたりしたものをechoで出力します。

ダブルコーテーション「"」内で、変数を書くと、値が展開されて出力されます。

わかりにくいのであまり好きではないですが(なぜつかった)

それぞれ計算されて出ているのが確認できます。 実行結果:

13
3
14
4

さらに、インクリメント。デクリメント。をやってみます。 足したり引いたりを一つづつやる感じです。 ++で足すことが、--で引くことができます。

下記をtestCalc2.phpで保存して実行してみましょう

<?php
    $test1 = 10; 
    $test2 = 11; 
    $test3 = 12; 
    $test4 = 13; 

    $test1 = $test1++;
    $test2 = ++$test2;
    $test3 = $test3--;
    $test4 = --$test4;

    echo "$test1\n";
    echo "$test2\n";
    echo "$test3\n";
    echo "$test4\n";            

実行結果:

10
12
12
12

実行結果は上記のようになります。

予想結果思ってたとおりですか!?

変数の後に書くことで代入したあとに足す。ということになり$test1は10 $test2は足してから代入で、12 $test3も代入して引くので、何も起こらず。12 $test4は引いてから代入で12になります。

それでは、また。