raspberry pi3で、sambaを動かしてみた

raspberry pi3

rasberry pi買いました!

いつのまにかバージョンが3になってた。。

自宅内でのパソコン間のファイルやり取りがメンドーになってきたので、sambaを立ててみました。

samba自体は立てたことあったけど、パソコンをつけっぱにしとくと電気代がかかりそうなので、自重してましたw

rasberrypiは1ヶ月起動してても、電気代あんまりかからないらしいので、外付けHDDを指して、常時起動の予定(✌ ՞ਊ ՞)✌

下記手順。。

・OSインストール(めんどー =>公式から、インストーラー(NOOBS)落としてきて、解凍後、解凍したフォルダの中身を全部microSDに移す。 => microSDをラズパイに指して、HDMIケーブル、キーボードなどを接続。起動。 => OSインストール画面がでるので、インストール。 raspbianはdebian系のOSらしい、apt-getが使えますね。

・文字化けを治す(めんどいい =>当然のごとく文字化けが発生する・・・ よくある系ですね。。わかります。。。

こちらのサイトさまを参考に日本語フォントを入れるコマンドを。。 下記でOK

$apt-get install ttf-kochi-gothic xfonts-intl-japanese xfonts-intl-japanese-big xfonts-kaname

sshで設定(ワクテカ 外付けHDD指して、再起動!(ssh接続のため、IPアドレスを控える)

こっからはsshで接続、(初期ユーザー:raspberry password:pi)

sambaを設定します。sambaのインストール。

sudo apt-get install samba

ls /media/ などとして、外付けが刺さっているか、確認します。 なぜかmedia/pi/にある。。

viで設定ファイルを編集

sudo vi /etc/samba/smb.conf

下記のように追加します。sambaの設定よーわからんけど下記で動きますゴホゴホ

[home] #共有時に表示されるフォルダ名
comment = homepi
path = /media/pi/hdd #参照するフォルダ名
public = yes
read only = no
browsable = yes
force user = pi

とりあえず、ほかのPCから接続して参照しにいってみる。。みえてるのでOK。。 そして。。

rasberrypiの電源はmicroUSB(スマホのあれ)なので、電源供給どこからしよー

と思ってましたが、wifiルータにusbさせたのでそこから供給することに。。

raspberry pi3 setting

配線www

・・・。

※NOOBSをOS記載しちゃってたので、修正しました。 NOOBS=>installer OS=>raspbian