PHP配列と文字列連結について...(p3)

今日は配列&文字列連結についてです。

1.配列

配列ですが、、変数はひとつのものしか入れれなかったのに対して、

配列は複数の値を格納することができます。

でっかーい箱が仕切られていて、0から順番に値をいれていくようなイメージです。

イメージ図とかわかりやすい↓ページ発見しました http://bashalog.c-brains.jp/08/04/14-192257.php

実際にコードを書いてみましょう。

下記をtestArray.phpで作成しましょう。

<?php
    $testArray = array("apple", 10 ,"grape", 20,"orange","heiheiho-");
    
    echo $testArray[0]."\n";
    echo $testArray[1]."\n";
    echo $testArray[2]."\n";
    echo $testArray[3]."\n";
    echo $testArray[4]."\n";
    echo $testArray[5]."\n";

PHPの配列は数字をいれたり、文字列をいれたり、交互に入れたり

配列に配列をいれたり、いろいろ自由にあつかえます。

上記では、arrayで配列を宣言し、$testArrayに代入しています。

$testArrayは宣言後、値が0番目から順に配置されます。このとき

参照不可能な場所、[6]などで6番目を参照するとエラーになっちゃいます。

実行結果: >php testArray.php

apple
10
grape
20
orange
heiheiho-

参照した添字0〜5番目までの値が順に取り出されているのが確認できます。

配列はループ処理を行うときや、値をまとめておくときに便利です。

次は連想配列をつかってみましょう!、連想配列は添字が文字列で扱えるようになります。

下記をtestArray2.phpで作成しましょう。

<?php                                                                           
    $testArray = array("anime" => "steins;gate", "food" => "ラーメン", 999 => "マックスだよ");

    echo $testArray["anime"]."\n";
    echo $testArray["food"]."\n";
    echo $testArray[999]."\n";

実行結果: >php testArray2.php

steins;gate
ラーメン
マックスだよ

$testArray配列を"anime"や"food",そして数値の999で指すこともできます。

上記のようにキーと値がセットになっているのが連想配列ですね。

2.文字列の連結

ピコーンピコンピコン(カラータイマー)

時間がないので、簡単に済ませます。

ねむいだけですが!!(ねよう)

下記をstringTest.phpで作成しましょう。

<?php                                                                           
    $hoge = "こんにちは";
    $test = "こんばんは";
    $fuga = "おはよー";

    echo $hoge."世界"."\n";
    echo $test."宇宙"."\n";
    echo $fuga."ございます"."\n";
    echo $hoge.",".$test.",".$fuga."\n";

実行結果: >php stringTest.php

こんにちは世界
こんばんは宇宙
おはよーございます
こんにちは,こんばんは,おはよー

「.」を使うことで、変数やダブルコーテーションで囲った文字をつなぐことができます。

JavaScriptなど、ほかの言語と混同して「+」で繋げてしまいそうになることがありますが気をつけましょう。

公式ページリンクしておきます PHP配列公式リファレンスへ 文字列演算子リファレンスへ

それでは、また。

PHPコメント&演算処理...(p2)

今日はコメントと四則演算を!

1.コメントについて コメントはソースコードの中にいれておく説明文になります。

ソースコードがわかりにくくならないように書きます。

書き過ぎはわかりにくいですが、なさすぎもわからなくなっちゃいます。

特に複雑な処理や、よくわからない計算式の前には入れといたほうがいいですね。

下記をtestComment.phpで保存して実行してみましょう

<?php
/* テスト
  複数行コメント
テスト */
echo "コメントは無視されます";
// 1行コメントです。
echo "上と下の行だけ出力されるねん。";

実行結果は下記のようになり、コメントは無視されるのがわかります。 関数や、難しい処理を行っている箇所の前にいれるようにしましょう。 実行結果:

>php testComment.php 
コメントは無視されます
上と下の行だけ出力されるねん。

2.演算について では、演算ですが

下記をtestCalc.phpで保存して実行してみましょう

<?php
    $test1 = 10 + 3; //足し算
    $test2 = 10 - 7; //引き算
    $test3 = 2 * 7; //掛け算
    $test4 = 8 / 2; //割り算
    
    echo "$test1\n";
    echo "$test2\n";
    echo "$test3\n";
    echo "$test4\n";

変数に足したり引いたりしたものをechoで出力します。

ダブルコーテーション「"」内で、変数を書くと、値が展開されて出力されます。

わかりにくいのであまり好きではないですが(なぜつかった)

それぞれ計算されて出ているのが確認できます。 実行結果:

13
3
14
4

さらに、インクリメント。デクリメント。をやってみます。 足したり引いたりを一つづつやる感じです。 ++で足すことが、--で引くことができます。

下記をtestCalc2.phpで保存して実行してみましょう

<?php
    $test1 = 10; 
    $test2 = 11; 
    $test3 = 12; 
    $test4 = 13; 

    $test1 = $test1++;
    $test2 = ++$test2;
    $test3 = $test3--;
    $test4 = --$test4;

    echo "$test1\n";
    echo "$test2\n";
    echo "$test3\n";
    echo "$test4\n";            

実行結果:

10
12
12
12

実行結果は上記のようになります。

予想結果思ってたとおりですか!?

変数の後に書くことで代入したあとに足す。ということになり$test1は10 $test2は足してから代入で、12 $test3も代入して引くので、何も起こらず。12 $test4は引いてから代入で12になります。

それでは、また。

PHP 環境構築&変数...(p1)

記事ネタも思いつかないので(うぉーい

PHPを久しぶりに書いて、思い出していこうかと

PHP開始したい方もどうぞ。

とりあえず、環境作成から。 php -v コマンドをコンソールやプロンプトから打って入ってない場合は下記のようにして入れます。

#centos
yum install -y php
#ubuntu
apt-get install php

windowsユーザーはxamppで・・・

windowsはプロンプトで、linux macOsはコンソールで

php -v

phpが入っているか確認します。上記バージョン確認用コマンド。

とりあえず。

hello,worldから、テキストエディタで下記内容をファイル名hello.php、「.php」拡張子で作成します。 ファイルを置く場所は適当に。。分かりやすい位置に保存しましょー xamppだと、phpを使えるのはドキュメントルートになっているかと。。

<?php
    echo "hello!!world!!¥n";

コンソールから、cd でファイルのある場所に移動して php hello.phpで実行します。

hello!!world!! こんな感じで出力されるはず!

ソースは、2行で、<?phpがここから、phpを使いますという宣言です。

htmlの中にphpを埋め込むこともできます。phpを使う時はこれが必要!ということになります。

2行目、echo関数は、出力するための関数です。 これに引数(hello!!world!!¥n)を渡すと、画面出力されます。

¥nは改行コードで画面で改行するように指定しています。

次は変数を使います。。 ファイル名はなんでもいいですが、下記をval.phpで保存します。

<?php
    $testVal1 = 8;                                                                                                              
    $testVal2 = 15;

    echo $testVal1 + $testVal2;
    echo "\n";

php val.phpで実行して、下記のように出力されます

23

$testVal1と$testVal2という変数に数値を入れて、

それをecho箇所で足して出力させています。

変数は「$」から始まって、変数名を書くって感じですねー(例:$hoge, $test, $test2)

イメージとしては変数は値を入れとく箱のような感じですよね・・・

$testVal1 = 10; $testVal1 = 20; 箱には一つしか入れれないという感じで ってやると20で上書きされてしまいます。

公式の変数説明は下記のような感じ、、

PHPは公式マニュアルがきっちりしているので、公式見てるだけで結構わかるかと思います! http://php.net/manual/ja/language.variables.basics.php

それでは、また

Habor 3D VRゴーグル(メガネ?)を使ってみた

PS VRほしいです!

VRといえば、スマホでもできたよな??

と思い出して、調べてみると、google

google cardboard というのをやっていて

簡単にVRがスマホで体験できるらしい。

ということで、VR用のゴーグルをamazonで買ってみました(2000円なり。。お安い)

安価にVRが楽しめる『Habor 3D VRメガネ』で遊んでみた!充分使える興奮できるわー ↑の次のバージョン?のやつになります

箱で届いて

開けるとこんな感じ

開封〜

ひらくとこんな感じ

ちょっとバンドのところをひっぱったら、上のほうが折れちゃいましたwwww

残骸ww

それで、用途なのですが。。。

cardbordアプリがあるのでダウンロードして、360度動画チャンネルとかあるので

それ見たりストリートビューで観光地みたりとかですねw

あと、VRに対応しているアプリもあるようなので、検索して入れてみたりしています。

360度見渡せるようになっていて、ゴーグルつけてまわると景色もまわってみえるので

その場にいるような感ありますな

ただ、スマホの性能のせいか画質が荒いのが気になるところ・・・

それでは。。

androidアプリのライフサイクルについて

お疲れ様ですです。

明日でやっと金曜日ですな。

飲みに行く予定だけど、体調がすぐれないのです。。早く寝なきゃ・・・

androidアプリを最近ちょいちょい久しぶりにやってみていますが、

ライフサイクルがどんな感じになっているのか?変わったのか調べてみました。

ライフサイクルとはアプリを起動してから終了するまで、どのメソッドが呼ばれ、

どうゆうフローで動いていくかという、androidアプリ全般の動作の流れです。。

公式の説明・・・英語読めないのであーる。。

図を頂いてきました。昔からあんまり変わってない模様。

アプリ起動(Activityを表示)して、onCreate()→onStart()→onResume()で動き出して

別のアクティビティが動き出して、画面が切り替わる時にonPause()

非表示になって使われなくなったら、onStop()って感じですかね・・

下記リンクに詳しく書いてました。

http://qiita.com/calciolife/items/39b2696a9a03e8591d40

http://qiita.com/chibi929/items/78f0d3aa2ab4a0229978

フラグメントはイマイチよくわかってないですorz

知らずに作って大丈夫?Androidの基本的なライフサイクルイベント31選

メソッド毎に説明書いているっぽいです。

 

ふむ。ふむ。。

ドラゴンボール超のベジータ王子ww

今日から仕事が始まりました。

いろいろヤバイよ。世界がヤバイ!(細かくは言わないよ)

休日にドラゴンボール超とりだめてたので、見たのですが

草はえました。。

ドラゴンボール知らない人は???ですが・・・

以前はクールで冷酷非道だったあのキャラクターが・・・ (仲間でも平気で殺していくようなキャラ)

これがはじめだったかと思いますが、神と神でのベジータ王子ww ビンゴ大会を必死で盛り上げます・・・

こんなシーン

あんなシーン

おしゃぶり加えて、静かに戦いをみまもり立ちすくむシーンwww

ネタキャラになってしまった彼を今後も見守っていきます。

 

どうしてこうなったww

Androidで画像スライドアプリ作成(なつやすみラスト)

なつやすみ最終日になりました。

働きたくないでござる。。 gozaru

冗談です。がんばります(^^)AHAHA。。

今日はオヤスミ最終日だったので、読み残していた本を読んだりしていました。

あと積んでいるゲームとかあるので、片付けて行きたいですね・・・

プログラミングの方では「はじめてのAndroidプログラミング」、この本をやっています。。

chapter7のスライドショーアプリをこなしているとこです。。

正誤表に乗ってない誤字があるので、あれ?ってなることがありますw

P154 makeViewがmakaViewになっている・・・

ものはこんな感じで出来てきました

上の右、左のボタンで戻ったり Screenshot_2016-08-16-21-25-14

次に行ったり・・・ Screenshot_2016-08-16-21-25-02

このアプリでは画像の切り替えにImageSwitcherを使ってます。いつのまにかこんな便利クラスが・・・

(new ImageSwitcher).setInAnimation(this, android.R.anim.fade_in)

などとやると、スライドするときに、フェードイン効果をつけることができるようです。

なんかアプリつくっていきたいなー

ではまた。